うつ病を早く治すためにはどうすればよいか~うつ病ガイド~

考え事をする女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

治療費

治療料金について

考え事をしている男性

うつ病は、症状によっては何年間も通院し続ける必要がある病気です。場合によっては通院中働くことができず、その治療費は病人を抱える家族にとって大きな負担となります。うつ病の基本的な治療費は保険が適用され、患者による負担は全額の3割となります。しかしいくら自己負担が3割だとはいっても、治療期間が長期化すればその負担は大きくなります。このような患者の治療費を減らすための制度が用意されています。この制度は自立支援医療費制度と呼ばれるもので、うつ病の患者もこの制度を受けることができます。この制度を利用すると自己負担が1割になり、収入に応じて一か月に支払う治療費に上限が設定されます。ぜひ利用したい制度です。

うつ病の種類

うつ病は大きく分けて二種類に分けられます。一種類目はメランコリー型うつ病と呼ばれるもので、二種類目は非定型うつ病と呼ばれるものです。両方のうつ病に共通している症状は、やる気が出ないことや不眠症になりやすいこと、体が重く感じたり朝起きられないことなどが挙げられます。一種類目のうつ病にかかりやすい人の特徴としては真面目で融通が利かないことが挙げられます。二種類目のうつ病の特徴としては、嫌なことをしているときにだけ症状が出ることが多く、わがままや気分屋と周りから勘違いされがちです。この二種類のうつ病は症状が似ているため病院で処方される薬はよく似たものですが、対策はそれぞれに異なるため注意が必要です。